krewSheet
Sheetモードの機能

Sheetモードの機能設定の流れ

Sheetモードのプラグイン設定画面における機能設定の流れを紹介します。

  1. 一覧の選択
    リボンエリアにある「一覧」ドロップダウンで選択されている一覧が設定対象の一覧になります。
    ※「一覧」に表示される一覧は、表示形式をカスタマイズに設定している一覧のみです。
  2. 表示項目の設定
    表示するフィールドをフィールドエリアからシートエリアにドラッグ&ドロップします。
  3. 機能設定
    詳細な機能設定はこのトピックの配下で説明しています。
  4. 設定内容の保存&アプリの更新
     「アプリを更新」をクリックすると、krewSheetの設定内容とアプリ全体設定が保存され、アプリを実行します。

設定画面

Sheetモードの設定画面の詳細について説明します。

画面 説明
1 プラグイン情報エリア

2

リボンエリア。各機能のメニュー。
3 フィールドエリア。シートエリアに配置できるフィールドを表示します。
ここには、次のフィールドが表示されます。
  • kintoneのアプリの「フォーム」タブで配置したフィールド
  • kintoneのアプリの「フォーム」タブで作成したテーブル
  • krewSheet独自のフィールド
    • 数式
    • スパークライン
  • レコード作成時にkintone側で自動で割り当てるフィールド
    • レコード番号
    • 作成者
    • 作成日時
    • 更新者
    • 更新日時
4 シートエリア。表示したいフィールドをフィールドエリアからここへドロップします。リボンエリアの機能を利用して表示形式をカスタマイズできます。
「テーブル」あるいは「関連レコード一覧」をドロップすると、以下のように一覧が2つ並んで表示されます。上がメインとなる一覧で、下がメインの一覧に関連付けられた「テーブル」や「関連レコード一覧」になります。

5

・「プラグイン設定を保存」をクリックすると、この画面で設定したkrewSheetの内容を保存します。


・「アプリを更新」をクリックすると、この画面で設定したkrewSheetの内容だけでなく、アプリに加えた変更内容すべてが保存されます。これは、「アプリの設定」の「アプリを更新」ボタンをクリックした時と同じ動作です。

プラグイン設定画面のシートエリアではデータを編集することはできません。設定値を確認するためのサンプルデータを表示しています。

各リボンメニュー

ホーム
データ
ビュー
シート
設定ファイル

 

 


Copyright © 2023 MESCIUS inc. All rights reserved.